シンガポールでサッカー観戦!初めての方に、シンガポールサッカー観戦ガイド

シンガポールでは英国統治の影響もあり、プレミアリーグ好きなシンガポール人が多い印象ですが、シンガポール国内にもシンガポールプレミアリーグという国内リーグが存在します。今回はそのシンガポールプレミアリーグの現地での試合観戦について紹介していきます。

シンガポールサッカースタジアムの様子
<写真:シンガポールのサッカー観戦>
目次

シンガポールプレミアリーグとは

シンガポールプレミアリーグは、通称SPLと呼ばれ、1996年から開催されているシンガポールのプロサッカーリーグです。2023年はシンガポール国内から7チーム、日本のサッカーファンには馴染みのあるチームである、アルビレックス新潟シンガポール、ブルネイ王国のDPMM FCを加えた合計9チームで構成されます。リーグが1つのため、昇格や降格といったことはありません。

シンガポールではシンガポールコミュニティシールド、シンガポールプレミアリーグ、シンガポールカップと、大きく3つのタイトルがあります。

2023年には、2月に昨年リーグ戦王者と昨年カップ戦王者が戦うシンガポールコミュニティシールド、2月~9月でシンガポールプレミアリーグが9チーム3回戦総当たりで開催され、9月~12月でシンガポールカップが開催され、アルビレックス新潟シンガポールがコミュニティシールド、プレミアリーグを優勝、ライオンシティセイラーズがカップ戦優勝という結果に終わりました。

あわせて読みたい
シンガポールのプロサッカーリーグ、シンガポールプレミアリーグ(SPL)について 【シンガポールサッカー概要】 シンガポールプレミアリーグは、通称SPLと呼ばれ、1996年から開催されているシンガポールのプロサッカーリーグです。2023年はシ...

シンガポールプレミアリーグ 2024年スケジュール

シンガポールプレミアリーグも日本でいう「春秋制」のスケジュールを2023年まで採用していました。しかしアジアチャンピオンズリーグの日程変更に伴い、「秋春制」のスケジュールへの移行してくことを目指しています。2024年の正式なスケジュールはまだ発表されていませんが、正式なアナウンス後、こちらでも更新していきます。

サッカー観戦チケットの買い方

ホームチームによって運営は異なりますが、だいたい大人のチケットの価格は約15シンガポールドルで、子供やシニア、学生などには割引適用のケースがあります。席は基本的に全て自由席になり、入場の際にリストバンドを渡され、それによって入場後も再入場が可能になります。

チケットの販売方法は各試合のホームクラブに委ねられています。そのためシンガポールサッカー協会も各クラブに問い合わせをするよう案内がされていますので、はっきりとした詳細を知りたい方は、こちらより各ページの窓口へ問い合わせをおすすめします。

一般的に

・ほとんどのチームが当日券の販売のみ(一部、会員向けにオンライン事前販売あり)

・当日券は試合開始の1時間半~2時間前に販売開始、開門は1時間~1時間半前。

・購入時にクレジットカードの使用できないことが多く、現金(シンガポールドル)か現地のオンライン決済(PayNowなど)のみとなることが多いです。

<写真:サッカースタジアムのチケット販売所>

サッカー観戦時の持ち込み禁止アイテム

シンガポールプレミアリーグ観戦での持ち込み禁止アイテムはこちらから確認できます。いわゆる日本のスポーツ観戦と同じようなものですが、日本人がよく荷物検査で引っかかるものとして

・水筒やペットボトル (100ml以上の容器に入ってるもの)

・傘(25cm以上の傘)

があります。

いずれも没収ということではなく、そのままチケットゲートに置いて、スタジアムに入って観戦することができますが、管理は自己責任になりますので、くれぐれもご注意ください。

<写真:サッカー観戦に持ち込めなかった水筒や傘など>

スタジアムでの飲食販売

日本のサッカー観戦では「スタグル」という言葉ができるくらい、スタジアムの飲食はひとつの文化になっていますが、シンガポールでは全くそんなことはありません。運営するチームによってスタジアム内の飲食販売はまちまちで、チームによっては食べ物が全くないこともあります。さらに、東南アジアではよくある話ですが、アルコール販売は無いスタジアムのほうが多いです。アルビレックスなどはKIRINがスポンサーだったりすることもあり、スタジアムで販売していますが、これも後半30分までで販売が終了します。

確実な方法は近くのホーカーセンター(東南アジア版フードコート)で食べ物を持ち帰り注文をして、スタジアムに持ち込むことをおすすめします。特にお酒を販売していないスタジアムでは写真のような形でカップにすればビールの持ち込みが可能になります。どうしてもサッカー観戦にビール!という方は、近くのホーカーセンターでビールをカップに分けてもらってください。

<写真:ホーカーセンターでビールをカップに分けてもらう>

雷警報

東南アジアといえば突然のスコール、でもサッカーは雨でも開催されます。それでは雷はどうでしょうか。

「え、雷?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シンガポールは年間1万回以上の落雷があり、雷雨日数も年間200日程度あるそうです。だいたいは昼過ぎから夕方に発生することが多いですが、タイミングによっては試合にも影響を与えることあります。

シンガポールのスタジアムでは、よく雷警報のアラームが設置されていて、このアラームが作動中、選手はフィールドでプレーすることができません。

そのため試合前のウォーミングアップが中断して試合開始が遅れたり、試合中でも中断して選手はロッカールームに引き上げとなります。一度発生すると30分~1時間は中断となることが多く、試合の終了時刻が予定よりも遅くなることがありますので、試合後のフライトの予定がある方などはくれぐれもご注意ください。

スタジアムの雰囲気

スタジアム観戦にいったら、そのスタジアムの雰囲気というのは大事ですよね。しかしシンガポールはスタジアムにゴール裏席がありません。いわゆる日本のような大所帯のサポーター集団というのもなく、10人以上集まっていれば目立つぐらいです。一方で子供連れのファンも多く、子供たちもスタジアムで鬼ごっこをしてるぐらい、安全でアットホームな空気間です。

また試合後の選手との距離感も近く、日本よりも気軽にコミュニケーションをとることができので、推しの選手を見つけると、非常に楽しいスタジアムライフを送れると思います。

<写真:アルビレックスは最終節後、グランドに降りて選手と撮影ができる>

シンガポールの各サッカースタジアムのアクセスについては、以下の記事でも紹介していますので、あわせてご覧ください。

あわせて読みたい
シンガポールサッカーの観戦にお役立ち!シンガポールのサッカースタジアム完全ガイド シンガポールの国の大きさは東京都23区より少し大きく、琵琶湖と同じくらいの大きさで、非常に小さい国家で、現地の人の日常会話やメディアでシンガポールの愛称として...

日本からの試合視聴方法

今までシンガポールサッカーのスタジアムでの観戦方法をご紹介していましたが、シンガポールプレミアリーグはオンラインでも視聴できます。

基本的に全ての試合は、当日シンガポールサッカー協会のYoutubeチャンネルにてLIVE配信されています。

https://www.youtube.com/@sgpremierleague

試合ハイライトもこちらから確認することが可能です。

特にスタジアムで観戦する人でも、シンガポールのスタジアムはリプレイなどスタジアムモニターが出してくれないので、ゴールシーンやVARなどを確認するために、スタジアムで試合を見ながら、スマホでも視聴するといったファンが見受けられます。

さいごに

シンガポールは小さい国のため、どこで試合が行われていても、すぐに観戦にいくことが可能です。試合が開催されるもスタジアムの小さく、選手との距離も近いため、ふだん日本でサッカーを観戦するのとはまた違った楽しみ方が生まれます。ぜひ、シンガポールでもフットボールを堪能してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次