シンガポールのプロサッカーリーグ、シンガポールプレミアリーグ(SPL)について

目次

シンガポールサッカー概要

シンガポールプレミアリーグは、通称SPLと呼ばれ、1996年から開催されているシンガポールのプロサッカーリーグです。2023年はシンガポール国内から7チーム、日本のサッカーファンには馴染みのあるチームである、アルビレックス新潟シンガポール、ブルネイ王国のDPMM FCを加えた合計9チームで構成されます。リーグが1つのため、昇格や降格といったことはありません。

シンガポールではシンガポールコミュニティシールド、シンガポールプレミアリーグ、シンガポールカップと、大きく3つのタイトルがあります。

2023年には、2月に昨年リーグ戦王者と昨年カップ戦王者が戦うシンガポールコミュニティシールド、2月~9月でシンガポールプレミアリーグが9チーム3回戦総当たりで開催され、9月~12月でシンガポールカップが開催され、アルビレックス新潟シンガポールがコミュニティシールド、プレミアリーグを優勝、ライオンシティセイラーズがカップ戦優勝という結果に終わりました。

2024年からは、新しくテンガーFCというチームが新しくリーグに参入することが決まり、合計10チームでのリーグ戦が2024年5月から開始される予定です。

2023年シンガポールプレミアリーグをアルビレックスが優勝
<写真:2023年シンガポールプレミアリーグをアルビレックスが優勝した瞬間>
あわせて読みたい
シンガポールでサッカー観戦!初めての方に、シンガポールサッカー観戦ガイド シンガポールでは英国統治の影響もあり、プレミアリーグ好きなシンガポール人が多い印象ですが、シンガポール国内にもシンガポールプレミアリーグという国内リーグが存...

アルビレックス新潟シンガポールと日本人の存在

日本人がシンガポールリーグの歴史に触れるなかで、アルビレックス新潟シンガポール抜きにシンガポールリーグを語ることはできません。2004年にシンガポールリーグ参戦後、数々のルール変更がありましたが、昨年まではオーバーエイジを除き、23歳以下の日本人主体で構成され、2010年代後半以降は数々のタイトルを獲得してきました。

昨年、引退を表明した元日本代表、李忠成選手も、このアルビレックス新潟シンガポールを最後のクラブとして、現役を引退されました。ほかにもアルビレックス新潟シンガポールをきっかけにシンガポールにやってきた日本人選手が、その後、他のシンガポールチームの助っ人外国人として移籍して活躍するなど、多くの日本人がこのリーグでプレーし、シンガポールで活躍する通過点となってきました。

しかし2024年からアルビレックス新潟シンガポールはローカル化へ方針転換し、日本人主体のチーム構成から、他のローカルチームと同じシンガポール人主体のチーム構成へ変貌することを発表しました。それによってアジアサッカー連盟主催の大会への出場資格を得るため、これからはアジアチャンピオンズリーグの舞台を目指し、シンガポールからアジア、世界を目指しています。

ゴールを決めて喜ぶアルビレックスの選手たち
<写真:ゴールを決めて喜ぶアルビレックスの日本人選手たち>

シンガポールからアジアへ

アジアのクラブチームにとって、最も権威ある大会であるAFCチャンピオンズリーグ、通称ACLという大会があります。各国・地域のリーグ戦やカップ戦の上位クラブが出場する大会で、その下のカテゴリーの大会としてAFCカップがあります。2024ー25シーズンよりAFCチャンピオンズリーグエリート(ACLE)、AFCチャンピオンズリーグ2(ACL2)およびAFCチャレンジリーグ(ACGL)へと変更されることが発表され、シンガポールからはリーグ優勝チームがACL2に、カップ戦優勝チームがACGLへ参加することになっています。そのため、2024ー25シーズンではライオンシティセイラーズはACL2へ、タンピネスローバースがACGLへ、シンガポール代表としてアジアの舞台で闘います。

2023年ACLに参戦したセイラーズ
<写真:2023年ACLに参戦したセイラーズ>

シンガポールサッカーリーグの外国人枠

シンガポールプレミアリーグでは2024年シーズンより、外国人選手4名、アジア人選手1名、21歳以下外国人選手1名の外国人枠があります。2023年と比較して、外国人選手枠が3名から4名に増加し、新しく21歳以下の外国人選手枠というのが新設されました。日本人選手を助っ人外国人として獲得してるチームも多く、過去には2002年日韓ワールドカップ日本代表の戸田和幸選手や、北京オリンピックやアジアカップ日本代表の李忠成選手もプレーしていました。

ゴールパフォーマンスをする李忠成選手
<写真:ゴールパフォーマンスをする李忠成選手>

シンガポールプレミアリーグ 2024-2025 リーグ参加チーム

チーム名呼称ホームスタジアム備考
Albirex Niigata FC (S)アルビJURONG EAST STADIUM・2023年コミュニティシールド
・プレミアリーグ優勝
Balestier Khalsa FCバレスティアBISHAN STADIUM・リーグ初年度から参加するオリジナル8
Brunei DPMM FCブルネイJALAN BESAR STADIUM・ブルネイから参戦チーム
Geylang International FCゲイランJALAN BESAR STADIUM・リーグ初年度から参加するオリジナル8
Lion City Sailors FCセイラーズBISHAN STADIUM・2024年ACL2へ参戦(昨年2位)
・2023年SGカップ優勝
Hougang United FCホーガンJALAN BESAR STADIUM
Tanjong Pagar United FCタンジョン パガーJURONG EAST STADIUM
Tampines Rovers FCタンピネスJALAN BESAR STADIUM・リーグ発足当初から参加 
・2024年ACGLへ参戦(昨年3位)
Young LionsヤングライオンズJALAN BESAR STADIUM・シンガポールサッカー協会管理下の23歳以下チーム
あわせて読みたい
シンガポールサッカーの観戦にお役立ち!シンガポールのサッカースタジアム完全ガイド シンガポールの国の大きさは東京都23区より少し大きく、琵琶湖と同じくらいの大きさで、非常に小さい国家で、現地の人の日常会話やメディアでシンガポールの愛称として...

シンガポールプレミアリーグ 2024年の試合スケジュール

シンガポールプレミアリーグも日本でいう「春秋制」のスケジュールを2023年まで採用していました。しかしアジアチャンピオンズリーグの日程変更に伴い、「秋春制」のスケジュールへの移行してくことを目指しています。

シンガポールプレミアリーグ 2024-2025
期間:2024年5月~2025年5月
*正式なサッカー試合のスケジュール発表後、随時更新して参りますので、下記のリンクをご参照ください。

あわせて読みたい
シンガポール サッカー プレミアリーグ 試合日程スケジュール 2024-2025 【コミュニティシールド】 2023年シンガポールリーグ優勝チーム対2023年シンガポールカップ優勝チーム  Home Away Date Time Stadiumアルビレ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次